Ahn Jae Wook  心の小部屋

☆。。。癒されて。。。☆

☆ 「マイコレクション」 = 自作品の保管庫として掲載いたします

 <お詫び> 尚、レーベルは実際にレーベルとして使用できない物もあります^^;   


模様替えしました~(@^^)/~~~

<< 死を超えた偉大な愛のミュージカル "皇太子ルドルフ">>


 開幕前から観客たちの期待を精一杯受けたミュージカル< 皇太子ルドルフ >。これらの背景には、世界的な作曲家フランクワイルドホーンの優れた音楽が一役したが、それに劣らず、今年上半期最高の興行ミュージカル< エリザベート >の人気日照(一助)した。それもそのはず両作品とも同時代のオーストリア -ハンガリー帝国を背景にして登場人物もほぼ同じ。さらに、前作の主人公がエリザベート王妃なら、今回の公演のタイトルロールは、彼女の実の息子ルドルフ皇太子と、まるで続編のような感じさえする。二つの作品にあらわれる秘蔵して鬱陶しい雰囲気も似ている。ここには、当時の王妃と王子が克服できなかった葛藤と挫折という裏面の王室の歴史が込められている。つまり、二人とも権威主義的な王室の伝統から抜け出そうと労力したが失敗し、悲劇的な結末を迎えた。しかし、大きな違いもある。前作がエリザベート王妃の個人史に焦点が当てられている場合、<皇太子ルドルフ>は主人公の愛と別れが劇全体を合わせると同時に、ヨーロッパ近代史の現代史に移る激動の時代の雰囲気もよく表している。たとえば、ルドルフが自由主義思想を鼓吹し、ドイツのプロイセン帝国に反感を持つことで、彼のこのような政治性向が、当時オーストリア皇帝であったフランツ·ヨーゼフをはじめとする執権層と摩擦が生じざるを得ないという内容が数回出てきている。そして、この公演には言及しなかったが、ルドルフに代わって王位を継承した人が彼のいとこ" フランツ·フェルディナンド "という事実に注目しなければならないようだ。まさにこのフェルディナント皇太子夫妻がサラエボで暗殺を党することにより、第1次世界大戦が勃発する直接のきっかけとなったのである。一方、ミュージカル"王子のルドルフ>の特色の中で優先舞台装置と衣装を挙げることができる。ウィーンから直接空輸した120点余りの世帯はハプスブルク王室の華やかさを、間仕切りや壁に見える小物は王室大庶民とルドルフ大タペ受賞の克明な対立をよく示している。また、ブラックカラーを中心に衣装を演出してハプスブルク家の没落と世紀末的な感じを生かしたことも注目に値する。俳優たちの間で演技呼吸も滑らかである。主人公ルドルフ役のアン·ジェウクはドラマの展開を安定して調整しており、自分が置かれ、身分から脱することができないことから来る内面の葛藤をうまく表現した。そしてルドルフ恋人マリ役のオク·ジュヒョンと他のペヨクを引き受けたミン·ヨンギの個性の強いキャラクターが劇の緊張感を高めた。特に、オク·ジュヒョンは感性豊かな声で観客に深い響きを前にしてくれたし、ミン·ヨンギは主人公ルドルフ劣らないカリスマを発散した。最後に愛情戦線に赤信号が来た恋人や、あるいは熱烈な愛を夢見て見た観客にこのミュージカルを"イチオシ"したいと思う。主人公二人の男女の切ない場面をトンヘソン愛の青い信号を期待させて、この劇の内容が実際の歴史を素材にしたという点では夢のような愛が現実になる可能性がある気持ちを感じさせからだ。

   翻訳機のままで。。。

11-30 2




















12-3 1





















                            

本当に1週間の休み希望を出してしまいました

クビになっちゃうかも・・・

本当は。。。。だんだん夜勤が辛くなってきています。。。

もう・・・若くないし・・・家の用事が増えて・・・

あぁ~弱音だわ・・・

ジェウクさんを応援するために 頑張ろう~










初めて会ったジェウクダニエルは、2010年1月31日の千秋楽です

一生懸命にダニエルを演じていました

この日は、15時からの昼の部と19時からの夜の部でした

14時頃から会場入りをしていましたが。。。

なんと表現して良いのか。。。

きっと・・・天国にいる状態の気持ちって。。。こんなかしら。。。

初めて体験する気持ち。。。まさしく『夢の世界』。。。そのもの。。。

善い行いをしなきゃ~なんて思ったりしました~


2010韓国 (11)


2010韓国 (16)
この数分後に生涯忘れられない幸せな出来事が!!

このページのトップヘ